京つう

  日記/くらし/一般  |  京都府北部

新規登録ログインヘルプ



2016年12月21日

ジャンルはFFみたいなロ・・・

こんばんは。ジャンルはFFみたいなロールプレイングゲーム、信長の野望みたいなシミュレーションゲーム、ストラテジーがハマるケースが多く、気が向いたら弾幕系のSTGもします。パズルゲームはハマるのはハマりますよね。ささいな余暇に進められるものや、ヒマなときにのんびりと楽しめるのもありますので、ライフスタイルに合うスマホゲームを探索してみましょう。ゲームマーケットの中心がアーケードからゲーム機へと変化したとき、それまでおよそ2~3分と気楽に満喫できるものだったゲームが、屋内で籠って集中するような今までになかった娯楽になり、今また、スマートフォンで従来になかった娯楽が生まれている。あるいは、女性をターゲットとしたゲームが多くなっていることも要因になります。女性向けと言うと、これまで恋愛シミュレーションがメインでしたが、ストーリー性を重視したパズルゲームやリズムゲームなどが次々リリースされて売上をあげています。人によるというのはありますが、基本的にゲーム中で対人関係に気を揉みたくありません。例えグラフィックが古臭くても、記憶に脚本やヒロインが残り、時に音楽を口ずさんでしまうような、そんなゲームをプレイしたいと思います。

近況ですがこのところ異常気象というほどではないにせよ、疲れが取れにくいですね。歳なのかなあ…、つい先日も二日酔いで寝込んでしまいました。諸兄もコンディションへの警戒は怠らないでくださいね。当然なのですが、課金をしない、または必要なときだけ課金するアプリゲーマーが、市場のほぼ全てを占めている現状で、電車に乗っている時などに少々遊んでいるライトユーザーですので、一回飽きずにプレイしてもらえることはまず有り得ないでしょう。ご友人や周りの人が、ゲームアプリの連続ガチャに挑戦しようと、つい集中してしまいしきりと課金してしまっていたら、とんでもないことに、ドーンと資金を費やしてしまったというような事実があったりしませんか?ちなみに、業界の社団法人である「JOGA」が、ガチャによるアイテムゲットまでの課金期待値の最大値を規制するという事と、パーセンテージを明確にする事を公表したとの事です。アプリ開発企業が新作ゲーム作りに意欲的に投資してもヒットを出しにくい潮流が散見されていて、いまや、スマホゲーム業界に成熟化の兆しが確認できたと思われます。

ゲームそのものはタダで、強いキャラを入手するために「ガチャ」にお金を払います。日本のゲーム業界はまだ、ガチャよりもユーザーがどんどんお金を払いたいと思う仕組みを見出せていないのです。スマホゲームが出た当初はお金を使わないと、それ以上ゲームが進まなくなったりするのがよくあったのですが、近年ではiTunesカードを買わなくても差し障りないアプリゲームも増えているようです。ゲームの中に没頭できるような、対戦がスリリングで、キャラを育てるのが面白い、装備を揃えるのが楽しい。物語が面白い、そのようなゲーム…もしもGooglePlayで発見できたなら嬉しいですね。すべてが課金によって簡単に解法を得られてしまうということがユーザーに見え透いてしまった時点で、ゲームの元々の面白さは損なわれていくのだろうと言えるのではないでしょうか。スマホゲームを選ぶときには、いろいろなレビューサイトを見てみるのもアリかと思います。【スマホゲームおすすめ攻略レビュー】のレビュー記事は、プレイした経験をもとに管理者がレビュアーですのでオススメです。それではまた。


同じカテゴリー(スマホゲーム)の記事
 ところで、アプリゲームで・・・に関して (2016-12-10 01:35)
 余談ですが、一般社団法人・・・ (2016-12-01 07:18)
 特定期間しか登場しないア・・・ (2016-11-25 07:16)
 私は話の展開にドキドキす・・・ (2016-11-22 13:28)
 ソーシャルゲームのキャラ・・・に関して (2016-11-17 01:54)
 京都の紅葉|スマホゲーム攻略!京都発信ブログ (2015-10-22 22:01)

Posted by 修一郎  at 03:09 │スマホゲーム